DIY

2017年11月29日 (水)

ガーデンオブジェを作ってみた

201711_010_002
トンネル支柱などの菜園資材を掛けて保管する目的で、
(異形鉄筋で)スタンドを作ることにした

段ボールにアバウトデザイン画を簡単に描き
鉄筋の材料取りをした
 
 
201711_020_004
レイアウトをアップで見るとこんな感じ
 
 
201711_030_005
溶接して顔ができた
 
 
201711_040_006
 
 
201711_050_007
更に溶接すると・・
 
 
201711_070_008
こんな感じの八~十頭身の女の子になった
 
 
201711_080_0002
自立させる為に台座も作った
 
トンネル支柱などを掛けてしばらく使用していたものの
グラスファイバー支柱に変更すると掛ける物もなくなってしまい
いつの間にかガラクタばかり掛けるようになってしまったcoldsweats01
何だか邪魔になってきたが、
捨てるのも勿体ないような気がするので・・
改造してトレリスのようにして使うようにした
 
 
 
201711_090_p0023_
で、トレリスにして庭で使用することになってしまった(笑)coldsweats01
 
  <参考までに>       Cm_diy01_2
Bu_aquay_3 鉄筋を使用して初めて作った小鳥のオブジェ→→ 小さな小さなコルシカミント
Bu_aquay_4 初めてのトレリス作り (道具作り) →→ クレマチスとトレリス 1
Bu_aquay_5 初めてのトレリス作り →→ クレマチスとトレリス 2

| | コメント (10)

2017年10月31日 (火)

ハンズマン ガラクタ市

 
ハンズマンで開催されているガラクタ市へ行ってみた!
ガラクタ市は春と秋の年 2回開催されているので
時々行くようにしているが、
九州自動車道~東九州自動車道を走り、
苅田北九州空港ICを降りて5分ぐらいの所に
ハンズマン くさみ店があるので
遠くてもアクセスは非常に良くて行きやすい。(往復料金はかかるけど(笑))
 
7時開店だが、8時に着いたら駐車場は
ほぼ満車状態であせってしまった!coldsweats01
後から聞いた話だが、7時には既に行列が出来ていて、
開店と同時に凄い勢いで売れていたそうだ。
 

201710_9831
いく度に安さに魅かれて、なんだかんだ買ってしまうが
DIY関係のものでも買ったのは↑こんな感じ。coldsweats01

 
201710_9832
丈夫な金具が30円 デカいシャックルが50円
大ネジが30円や一袋90円とか・・・
 
 
201710_9833
ディスクグラインダー用の特殊砥石や
スリムコーススレッドが一箱 150円(普通は500円はする筈)
なので、ワゴンに出ると直ぐに売れてしまう!
 
 
201710_9834
シリコンコーキングやスプレーペイントなんかも安かったし、
ブルーシート(185円)も買ったし・・
黒の収穫コンテナも280円だったかな?
  DIYで使うか使わないかは分からない物まで
  色々買ってしまったが・・・
 
 
201710_9836
この端材の5個セットが20円(一枚4円)だったので、
何かに利用できるだろうと思いつつ買ってしまった。
 
201710_9838
厚みはあるが、長さが210mmぐらいなので
何に利用できるか ゆっくり考えてみようと思う(笑)
 
車に乗って走り始めた頃、
なんとなくシートを見ていたルリが
「900円って打ってあるが何買ったの?」
と訊ねるので、
「自分が買った物は数十円ばかりだし、
ペンキの580円が一番高いものだったと思うので

自分は買ってないよ~」 
と答えると・・
「私も500円ぐらいまでだったので変よね~」
 
で、気になるので帰宅してチェックしてみたら、
ネジ一袋(10個入り)90円だったのを
1個90円だとレジの人が勘違いして
90円×10個の900円でまとめて打って
ミスっている事が理解できた。
 それで、レジの女性がネジが入っていたポリ袋を破って
 慌てていた事と結びついた!
 
レジは大行列で大混雑していたし、
後で言っても仕方がないだろうし・・
 
レシートを見なければ良かったと思うが、
高速料金もかかるしで
なんだか安物買いの銭失いした気分だったcoldsweats01
 

| | コメント (10)

2017年10月25日 (水)

ミニサボテン鉢作りとサボテンカット

201710_9806
槇の木を切り倒した時に取っておいたのがあるので、
これを利用することに・・・

  
 
201710_9807
丸鋸でカットして・・
 
 
201710_9808
皮が汚いので少し皮を剥いで・・
 
 
201710_9809
百均で買ってきたガーデンピックのジョウロを利用してみようと思う。
 
 
201710_9813
木台に穴をあけ、
ピックを少し短く切断して圧入すればミニサボテン鉢が出来た。happy01
 
サボテンが長く伸びすぎてしまって可愛くないので、
短くして植付けようと思う。
 
 
 
201710_9816
カッターでスパッとカットするだけだが、
これで大丈夫な筈!coldsweats01
  
 
201710_9818
多肉用土がなかったが砂があったので、
砂を入れて植え付けることにした。(笑)
 
 
201710_9820
少しだけ水分を与えるために水をスプレーした。
ミニサイズのサボテン鉢とミニサボテンに変わった。
 
多分発根して根付いてくれると思う!
実は、このサボテンをカットするのは二度目で、
(数年前に)一回カットした時は成功しているので
今回も多分大丈夫だろうと思っている。coldsweats01
 
枯れる場合もあるので、
このようにカットして植え直す場合は
自己責任でお願いします!

 
Illust305_thumb
 
麺すすり音のカムフラージュをする音彦
 
日本人が麺をすする音が外国人には不快な印象を与える!
という事で麺類をすする音をカムフラージュする機能を持つ
フォーク「音彦(おとひこ)」の予約を日清食品がスタートしたそうだ!
水洗音をカムフラージュする音姫に似た発想のようだが・・
 
 音彦PV ←面白い発想のように思えるが、
         麺類は箸で食べる事がほとんどなので売れるかな~?
 
自分は子供の時に、
父から うどんやラーメンを食べる時は
ある程度はすすって食べてもいいが、音はあまり出さないように!
と言われて育ったからだと思うが、
すすって食べない方だ。
大人になってカレーうどんやラーメンなどを食べても
カッターシャツ
(福岡県はワイシャツをカッターシャツと呼ぶ)を汚す事もなく、
父親に感謝している(笑)
結構な音を立てながらすすって食べる人を見かけるが、
そういう人は多いのであまり気にはならないが、
食べた後に服に染みがつかないかを心配するぐらいで・・
coldsweats01
 

| | コメント (10)

2017年9月12日 (火)

蚊除けハッカ油スプレー

201709_9651
夏の菜園仕事をする時は、
市販の「蚊除けスプレー」を使用しているが、
ディート成分の健康被害の事を気にしつつ使用しているので・・

今回、ディートの事を気にせずに使えるようハッカ油を買って、
蚊除けスプレーを作って使用してみることにした。
  
 
201709_9654
消毒用エタノールにハッカ油をたらし、
水で希釈するだけで蚊除けハッカ油スプレーの完成。
 
 ・エタノール 10ml
 ・ハッカ油 20~60滴
 ・精製水 90ml
 
今回は、精製水の代わりに天然水(南アルプス)を使用したけど(笑)
首回りなどに、たっぷりスプレーして菜園仕事をしてみると、
1時間ぐらいは蚊が避けてくれるように思えたが、
でも全く刺されないとまではならないようだ!
(効果を大にするにはハッカ油の量を多めにする必要がある)
 
スプレーする時にハッカの清涼感はあるが、
少しべたつき感もある。
しかも、作って1週間内程度で使い切る必要があるので、
(効果がうすくなる為)今後どうしたものか?
と迷っているんだけど。coldsweats01
 
 
蚊除けクローブスプレー
ホワイトリカー 100mlにクローブ20gを4日間浸けこんでも
蚊除け効果があるそうだが、
それはまだ試した事はないけど・・

| | コメント (10)

2017年8月20日 (日)

包丁研ぎで思い出すこと

201708_9572
三徳包丁の関孫六を使用しているが、
だいたい月一回程度2本まとめて研ぐようにしている。

 2週間程度で切れ味が鈍るので交換して使用すれば、
 1か月サイクルで研ぐと切れ味が維持できるから
 そのような研ぎ方をしている

 

砥石は5種類ぐらいを使い分けているが、
右から
1個目が「仕上砥石」(天然砥石)
2個目が、「中砥石」 (天然砥石の天草)
3個目が、「荒砥石」 (人造砥石)
 この3種類を使用して包丁を研いでいる。

この3種類の砥石は父親から引き継いで使用しているものだが、
仕上砥石だけは父が触らせてくれなかったので、
使用するようになったのは父が亡くなってからになる。

小学生の頃に研ぎ方を父から教えてもらい、
高校生ぐらいからは包丁は研ぎ続けているので、
もう何十年と研ぎ続けていることになるが、
研いでいる時に、時々色んな事を思い出してしまう。

例えば、
新婚当時に残念な思いをした事があるが、
「今までず~っと包丁を研いでいるんだよ」
と自分が言うと、
ルリが、
「そんなウソを言っても直ぐに分かるわよ!」
「本当だよ!」と答えると、
「うちの父はよく研いでいたので、砥石の中央がすごく凹んでいたが、
あなたの砥石は真っ直ぐなので全然研いでいないじゃない」
「・・・・」
女性はそういう感覚なんだ~と思い、自分はもうなにも言わなかった。

半年ぐらい経った時に、
包丁を研ぎ終えた後に、
砥石と砥石をすり合わせているのを見たルリが、
ケラケラと笑い出したので、
「何で?」と訊ねると、
「だって、砥石と砥石を擦り合わせるなんて 可笑しいでしょう
そんなの見た事ないわよ~」
「だって、砥石を真っ直ぐな状態を維持させる為には
こんな風にすり合せをするものなんだよ」
と言うと・・・

しばらく考えていたルリが、いきなり
「ごめんなさい! 私はあなたにウソを言っているとか
酷い事を言ってしまったと思う。
父の研ぎ方の方が変だったという事がやっと分かったわ」

自分は、やっと理解して貰えたと思い込んで、
長年研ぎ続けていたが・・

数年前に、
「いつも研いでいるから、包丁が切れるので嬉しいだろう~」
とルリにぽっんと言った事がある。
「包丁は切れて当たり前だし、いつも切れるので
研いでくれても何とも感じないし、嬉しくも何ともないわよ!」
とルリが答えた。

「じゃ~ どうしたら嬉しいの?」と訊ねたら、
「切れなくなって、研いで欲しい 研いで欲しいと思うようになって、
やっと研いでくれたらきっと嬉しいと思うわ~
包丁研いで!とお願いした事もないし、
勝手にあなたが研いでくれても
嬉しくも何ともないわよ」
「へぇ~ そうなんだ~・・・・」

女性心理というものは何年経っても理解できないでいるが、
でも、切れ味が落ちてくるとどうしても研いでしまう自分で、
肩身の狭い思いをしつつ研いでいる。

つまらない ぼやきになってしまったが、
文章にしてみたら ちょっと気が楽になったきがするけど(笑)
 

 読んで下さった方ありがとうございますcoldsweats01

| | コメント (8)

2017年7月29日 (土)

アウトドア用 コーヒードリッパーを作ってみた。

201707_130_p0010_

百均のシリコンコップに3コの穴をあけて、
PP蓋に保持穴をあけるだけの超簡単作業なので
DIYと言えるかどうか分からないが、
あると便利なアウトドア用シリコン コーヒードリッパーを作ってみた。
 
 
 
 

| | コメント (8)

2017年7月20日 (木)

アルコールストーブの製作

201707_210_9460
完成したアルコールストーブ
 
Youtubeを見て、キャンプ用のアルコールストーブを
作ってみたいと思ったのだが・・

空き缶を利用してさまざまな作り方をされているようだ。
一体どういう風に作れば良いか迷ってしまうが、
とりあえずこんな感じに作ってみた。
 
↓完成までの工程をスライドショーにしてみた。
 
 

少々納得できていない点もあるので、

後日、改良版のアルコールストーブを
作ってみようとは思っているのだが・・think
 
       Cm_diy01

| | コメント (8)

2017年7月10日 (月)

レザークラフト 焼印彫り 2

201706_140_9351
取手を付ける為に、ドリルで穴を空けた。

  
 
201706_150_9353
取手を取り付けるのは、焼印側にタップでメネジを切り、
長ネジで取り付けるのが適当だと思うが、
タップのM4が折れて使えないから
長めのステンコーススレッドを使用することにした。
 
取手にステンコーススレッドをねじ込んでから
「喰切」で加工した後、叩き込めばOKの筈!
(↓のような感じに「クリッパー」でステンコーススレッドの頭をカットし、グラインダーでバリ取り)
 
 
201706_160_9423
 
 
201706_170_9396
取手部分をペイント
 
 
201706_180_9421
焼印の完成
 
 
201706_190_9440
早速、バーナーで熱して押印してみることにした。
 
 
201706_200_9358_2
バーナーの熱し加減で印影が変わるので、
数回 試し押しをしてみたが
こんな感じの焼印になった。coldsweats01
 
自分では納得できていない仕上がりに思えるが・・
デザイン段階で、英手書き文字をもう少し
削り加工がしやすいような形状に描いておけば
良かったと後悔&反省している。
 
でも、(少々の崩れ感があってcoldsweats01)手作り感もあるように思えるし
こんなもんかな~と思うようにしている。

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

レザークラフト 焼印彫り 1

201706_9305
レザークラフトで作品を作った後、
焼印を押すと雰囲気が変わるだろうな~といつも思っていたが、
焼印をオーダーすると結構な値段するので
自分で彫ってみようと思い、
東急ハンズ博多店から真鍮丸棒(黄銅)を買ってきた。
(百数十円だったと思う)

  <参考>
 ・プレゼント用のキーケースを作った時→→ レザークラフト (キーケース 2)
 ・初めてレザークラフトをした時→→ 初めてのレザークラフト 2
 ・車のキーケースを作って時→→ レザークラフトでキーケース
 
 
201706_9306
20φのブスバー(Bs bar) 
  エンジニア間では黄銅棒の事をブスバーと呼ぶが、
  女性がいる時にブスバー ブスバーと言うと
  勘違いされて嫌われるので注意が必要だけど(笑)coldsweats01
 
  CMが新人の頃、先輩からブスバーの言い方を
  周りに女性がいる場合は

  ブスバーと、ブスを強く発音するように!と冗談交じりに
  教えてもらいつつ からかわれた事を思い出すけど!(笑)
 
 
201706_9309
焼印のデザインを考えて、フリーハンドでデザイン図を描き、
反転トレースして(左側)印稿を描いた。
(このへんの作業は篆刻と同じなので慣れちゃってるけど)
 
 
201706_9312
印稿を貼りつけて・・・
 
 
201706_9315
デザインナイフで慎重にトレース
 
 
201706_9317
ケガキできた!
 
 
201706_9318
彫る時に分かりやすいように油性マジックを塗った。
 
 
201706_9338
丸棒なので固定しやすいように
木材で治具を作ってバイスで固定し、
ルーターにルータービットを取り付けて
少しずつ彫っていく!
 
  ルータービットは径が小さいので、回転数を上げる必要があるが
  ルーターを23000回転ぐらいすると彫りやすかった。
  当然、微細切屑が飛び散るので、マスクと保護メガネは必要!
 
 
201706_9342
彫る部分に合わせ、ルータービットを交換しつつ
ひたすら彫る
 
 
201706_9344
またビットを変えて慎重に掘り進める
 
 
201706_9346
スタンプ台で構わないが、
CMは篆刻する関係で印泥で慣れているので、
印泥使って押印して確認してみると微修正する部分が沢山
 
 
201706_9345
ビットを交換して微調整部分を彫っては試し押しをして、
また微調整を繰り返すと・・・
なんとかイメージに近い感じに彫りあがった。
 
  次は、取っ手をつけて焼印の試し押しへと つづく・・・
 

| | コメント (6)

2017年6月23日 (金)

シェラカップ磨き

201706_010_p0002_
BE-PAL(7月号)の付録としてシェラカップがついていたが・・

 
201706_020_9183
ステン製なのに、なんだかブリキのような表面に思えるんだけど・・catface
 
 
201706_030_9185
どう見てもステンの光沢に見えない気がするので、
表面を軽く磨いてみようと思う!
 プレスキズを取るのは諦めて、表面の光沢が出ればいいか~
 というポリシーで!
 
 
201706_040_9186
サンドペーパーの400番~1000番あたりを使用して
只管 手仕上げで磨くのは辛そうに思えるので、
サンドペーパー磨きをやめてバフ研磨で楽して磨こうと思い、
早速、百均でバフ2種類と青棒(研磨剤)を買ってきた。
(何でも百均で揃うものだな~(笑))
 
 
201706_050_9188
バフと言うよりも ただのフェルトだが、充分いけると思う!
 
 
201706_060_9191
フェルトディスクをディスクグラインダーに取り付けて、
時々研磨剤をつけながら磨くと、
いとも簡単に光沢がで出てきた。
(文字の右側だけ磨いた状態で、左側が磨いていない状態)
 
(このディスクグランダーは安価なものなので、
6000回転ぐらいだろうと思うが、バフがけでも十分に感じられた)
 
 
201706_070_9192
シェラカップが きれいになると
当然ながらフェルトが汚くなる!(笑)
 
 親が子供を懸命に育て、子が輝くようになると
 育てた親はいつの間にか傷んでしまうような思いと
 重なってしまった(笑)
coldsweats01
 
 
201706_080_9201
シェラカップの内側の方はフェルトディスクが入らないので、
電動ドリルにフェルトホイールを取り付けて磨こうと思う。
 
(木工用の電気ドリルは回転数が低めなので、
鉄工用の電気ドリルを使用しようと思うが、
回転数をMAXに設定すると3000回転ぐらいになるので、
何とかバフがけできそうに思える)
 
 
201706_090_9210
で、簡単に凄い汚れ方!catface
 
 
201706_100_9206
30分もかからない感じで簡単に磨きを終える事ができたが、
ステンらしい光沢がでたように思う。happy01
 400円かかったけど!(笑)
 
 
201706_110_9207
裏側の方がバフがけしやすかったので、
裏側の方が光沢がいいようだけど・・(笑)
 
  6枚目の写真で分かるように、
  BEの近くの凹みを木材を当てて少し叩いて
  叩きだしをして治したが、
  時間をかけてもっと丁寧にやらないと凹みを完全に
  消すことはできなかった。
  ネットで見ると、他の人も同じような凹みがあったようなので
  おそらくプレス金型の表面にゴミなどが付着している状態で
  プレス加工されたように想像しているが、
  付録なので、付録品質になるのは
  やむを得ないのだろうと思うけど・・
coldsweats01
 
 
201706_120_9194
マスクしてサングラスかけてバフがけ作業をしたが、
白シャツにバフ研磨剤が飛び散って汚れてしまったけど・・・coldsweats01
 

| | コメント (6)

より以前の記事一覧