栽培テスト

2017年7月13日 (木)

スプラウト栽培 2

201707_050_9414
5日目
もう少し・・・
 
 
201707_060_9442
6日目
 
201707_070_9453
7日目
6㎝ぐらい伸びたので、明日から日光浴?させようと思う。
 
 
201707_080_9456
8日目
陽射しにあたって緑っぽくなりはじめた。
 
  朝、陽が当たるように屋外に放置したままにして置いたが、
  夕方 家に戻ったら(金属容器なので)水がお湯に変わっていて、
  枯れる寸前状態(半茹で状態)までなってしまっていて、
  慌てて水替えをした。coldsweats01
 
 
201707_090_9470
9日目
(8日目の反省から)直射日光の当たらない軒先に置いていたら、
夕方にはこんなに緑が濃くなった!
 
種蒔きしてから9日目でスプラウトの完成!happy01
 
 
201707_090_9476
そうそう、ステンメッシュの錆発生確認をすると、
全然大丈夫のようだ!happy01
 
 
スプラウト栽培するのに
ステンメッシュをあれこれ試してみるような面倒な事をしなくても、
市販のスプラウトファームを買った方が
簡単だし お洒落かも!(笑)coldsweats01
 

| | コメント (2)

2017年7月11日 (火)

スプラウト栽培 1

201707_000_9366
昨年の「アミ皿スプラウト栽培」で錆が発生したので、
今回は錆に強いステンのSUS304を使用してみようと思い、
東急ハンズから「Eggs ステン金網40メッシュ」を買って帰った。
しかし、
100mm×200mmサイズなので、加工すると更に小さくなってしまうな~
と思いつつそのまま放置してしまった。
 
百均に行った時に、たまたま見かけた「ステン粉ふるい」の
表面質感がSUS304のように見えた。
でも、百均で304はほぼ無いだろう!と思いつつ念の為、
”強力磁石のついている別の商品”を近づけてみると、
ステンメッシュもステン枠も全く 磁石が付かない!
加工時に部分的に出来る磁性もないようだし・・
 <参考>
  強い力で加工すると、部分的にマルテンサイト組織に変わる為に、
  磁石がつくようになる
という事は、
材質がオーステナイト系のステンが濃厚になると思い、
さっそく買って帰った。
  (ステンの165mm径の粉ふるいとしては安すぎだろう!(驚))
 
スプラウト栽培専用容器として使っているステン鍋に入れてみると、
金具が邪魔で入らない。catface
 
 
201707_000_9367
金具をペンチで取り外すと、
165mm径の「ステン粉ふるい」がぴったり入った。happy01
 でも、ぴったり過ぎて、出し入れが難しいけど・・coldsweats01
 
 
201707_000_9370
蓋を被せても丁度いい感じなので、
テスト的にスプラウト栽培をしてみようと思った!
(錆の発生具合の確認を兼ねたスプラウト栽培)
 
 
 
201707_000_9372
スプラウト種を蒔き・・
 
 
201707_000_9377
水をたっぷり注いで、
 
 
201707_000_9380
蓋をしめて、スプラウト栽培のスタート
 
 
201707_020_9386
2日目(翌々日)には発芽が始まった。
 
 
201707_030_9389
3日目になると、発芽も出揃った
 
 
201707_040_9394
4日目になると、だいぶ伸びてきた。
 
 
201707_042_9392
裏側を見ると、もうこんなに根が張っている。
まだメッシュにも全く錆は発生していないようだ。
 
 
 

| | コメント (4)