« クリスマスローズ | トップページ | ツクシとミモザ »

2019年2月28日 (木)

尊氏の隠れ穴

201902_010_9590

 

福智町上野焼陶芸館(上野の里 交流会館)の駐車場に
駐車して一人で歩きはじめた!

 

 

 

童謡で有名な河村光陽の記念碑が数か所あるのを見ながら・・

 

 

 

 

201902_020_9591
福智町は、「どんだけー」のIKKOさんの出身地でもあるし、

 

(隣り町の)田川郡は、「なんて日だ!」の小峠さんの

 

出身地でもあることから
全国的に知られるようになったようだ

 

 

 

 

201902_030_9592

 

歩いたのは2月初旬だったのでこんな感じだったが、
今はコブシが咲き始めているかも知れないなー

 

 

 

 

 

201902_040_9594
しばらく歩くと興国寺の旧参道口に着いた

 

 

 

新参道は舗装されているが、
旧道の方に尊氏の隠れ穴があるのでここから入ることに・・

 

 

 

 

 

201902_050_9598

 

 

 

 

 

201902_060_9599
お地蔵さんが沢山

 

 

 

 

 

201902_070_9601

 

 

 

 

 

201902_080_9605
足利尊氏が都落ちして九州へ逃げた時に隠れた

 

隠れ穴がある事は知っていたが、
一度見てみたいと思い続けていた!

 

 

 

 

 

201902_090_9606
<画像クリックで拡大>

 

 

 

興味のある方は拡大して読んでみて下さい
(ちょっと読みづらいかもしれないが)

 

 

 

 

 

201902_100_9610

 

 

 

 

 

201902_110_9609
想像していた以上に小さな穴で、
あの勇敢な足利尊氏のイメージからは想像できないけど・・

 

 

 

そして、九州・四国・中国地方の勢力を味方につけて数万の大軍で

 

再び京都へ向かう事ができたことを想像しながら眺めると

 

色んな思いが重なってしまった
(自分の祖先がその大軍の中に加わったとも聞いているので)

 

 

 

不適当な言い方になるかも知れないが、

 

当時の九州は色んな意味でエネルギーに満ちた地域

 

(充電できる地域)という事で、尊氏の本拠地の関東地方とは逆の

 

九州へ向かったのではないかも知れない

 

つまり充電して再起をする目的で!
 

 

 

 

201902_120_9614
興国寺の山門に着いた

 

 

 

 

 

 

 

201902_130_9613

 

 

 

<画像クリックで拡大>

 

 

 

 

 

201902_140_9618

 

 

 

 

201902_150_9621
山門を入ると右手に鐘堂

 

 

 

 

 

201902_160_9623
正面に興国寺 本堂

 

 

 

 

 

201902_170_9625
興国寺仏殿(観音堂)

 

 

 

 

 

201902_180_9629
(福岡県指定有形文化財)無隠元晦坐像が安置されている開山堂

 

 

 

 

 

 

201902_190_9634
新参道側から見る山門

 

 

 

ご朱印は参拝した証しとして頂くものだが・・

 

いつか御朱印の墨書きを自分で書いてみたいと

 

思っていたこともあり

 

帰宅してから、

 

無謀にも自分で墨書きしてみることにした

 

 

 

注意
参拝したのは事実だが、
御朱印と墨書きはCMが自分用に勝手に書いただけのものなので
次の興国寺と清水寺の御朱印はフェイクで、
自分用の参拝記録書きです
(御寺の場合は中央にご本尊名を書くようになっているようだが、
 よく分からなかったので寺名を書くことにした)

 

 

 

 

 

 

201902_200_06468e2

 

 

 

 

 

201902_210_06468e1

 

 

 

今回、墨書きしてみた印象だが・・

 

 

 

自分が抱いていた御朱印独特の
筆致や筆勢をイメージしつつ

 

数枚書いたものの想像以上に難しくて

 

かなり書き慣れないと
上手く書けない事を思い知らされた!

 

 

 

墨書きだけではご朱印の雰囲気がでないので

 

偽印は印影作成アプリで作成し、

 

レタッチソフトでレイヤーで重ねて
エディットしたもの

 

 

 

 

Illust306_thumb

 

 

 

 

 

 

 

 

京都 高台寺で「アンドロイド観音」が公開されたそうで、
時代もそういう時代に移っているだろうかと

 

複雑な思いもする

 

 

 

 

 

|

« クリスマスローズ | トップページ | ツクシとミモザ »

植物観察&ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

いい天気でたくさん歩けたようですね。
こんなのどかな地方で、IKKOさんと小峠さんが生まれたとは(笑)
いわれを聞かなければクマでも出てきそうな穴、よく保存されていましたね。

書道を楽しまれているのが伝わってきます。
印鑑もご自身で彫ったりしないのかな?
若い頃、石で彫ったことがあります。蔵書印にしていました。
神社仏閣も若い層をひきつけようと工夫されていますね。
納骨堂も近未来的なライティングで、立体駐車場みたいになっていたり。
時の流れを感じます。

投稿: 海月 | 2019年2月28日 (木) 10時44分

こんばんは(^^♪

おおお、カモメの水兵さん(*^▽^*)可愛い歌ですよね。
最近、ニュースで子供が童謡を知らない社会現象?というのを読みました。

尊氏の隠れ穴\(◎o◎)/!
すごいものが残されているのですね。

御朱印の墨書きを書いてみたい・・・素敵な目標ですね。
書道が御出来になるのがとても羨ましいです。

アンドロイド観音、PCで見ましたよ~。
あと、ウサギ観音も見ました(@_@)
時代ですかね~(・_・;)

投稿: コスモス | 2019年2月28日 (木) 21時40分

海月さん

梅の花やオオイヌノフグリなどが咲いている
長閑な道を歩いたが、結構寒かったです(笑)
興国寺が匿ったようで、
その時にこの穴は掘ったのか
それともあった穴を利用したのか?
色々想像すると興味深いものがありますねー

>印鑑もご自身で彫ったりしないのかな?
書画をやっていると雅印などは必要となるので
篆刻もするようになり堂号印や引首印や
遊印などなど かなりの数になってしまっています
蔵書印を篆刻するのも楽しそうですよね

自分は無宗教派なのでロボットや機械などが登場しても
反感も殆どない気がします・・

投稿: チョコミント | 2019年3月 1日 (金) 07時28分

コスモスさん

>子供が童謡を知らない社会現象?
そう時代に変わっているのかも知れませんねー

尊氏の隠れ穴も残っているが、数十キロ離れた場所に
尊氏が座した石と言われる石が遺跡として保存もされて
いて、興味深いものがある気がします

書くもの描くものは何でも興味本位で
やりたがる性格だが・・
でも、深くは入り込まず齧る程度の困ったやつで(笑)

アンドロイド観音は話題性はありそうだし、
参拝に訪れる人も増えそうな気もしますよねー

投稿: チョコミント | 2019年3月 1日 (金) 07時29分

足利尊氏の隠れ穴・・・案外小さいですね
子供の頃、戦争経験はないですが
家に合った防空壕を思い出します
御朱印これはCMさんが書かれたのですか本物かと思いました
御朱印独特の筆致や筆勢気になります
調べてチョット勉強して見ようかしら

投稿: クミン | 2019年3月 1日 (金) 23時15分

クミンさん

足利尊氏を興国寺がかくまってくれたようで、
危険が迫る時のみ この穴に隠れたのでしょうねー

>御朱印これはCMさんが書かれたのですか本物かと思いました
はい、自分が墨書きしたものなので偽物です
でも、そう言って貰えると
正直うれしくなってしまいますよー(笑)

>御朱印独特の筆致や筆勢気になります
本やネットで色んな御朱印を見ると
どれも芸術性の高い墨書きに思えるし
言い方を変えると墨書きされる方の
個性がよく出ているように思えるんですよねー
という事は・・
(色んな事をあまり気にすることなく)
自分流に書けば、書けるかも!
と思って書いてみました
難しくもあり気安くもありの
不思議な気持ちだったです

投稿: チョコミント | 2019年3月 2日 (土) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスローズ | トップページ | ツクシとミモザ »