« のど飴と甘酒とカレー | トップページ | ブロッコリーの収穫 »

2018年12月 3日 (月)

工大祭

201811_010_9133
九州工業大学の工大祭へ行ってみることにした

正門と守衛所は、
旧明治専門学校正門 旧明治専門学校正門衛所として
平成20年度近代化工業遺産として登録されている
 
   
201811_020_9134
 
 
 
201811_030_9140
明治42年に建てられたようだが、
現在も使用されているのには驚いた
 
 
201811_040_9098
実は、工大祭もだが九工大の戸畑キャンパスに
屋外展示されている旧工作機械類も
一度見てみたいと思っていたからだ!
 
写真は、Buckton引っ張り試験機だが
現存する引張試験機としては国内最大かつ最も古いもので、
大正10年から50年間機械工学科の実験用教育施設として
活躍したそうだ
ちなみに、遠くに見えるテント類は工大祭の模擬店
 
 
201811_050_9101
往復動型空気圧縮機
昭和40年頃まで機械工学科の学生実験用として使用されていた
 
 
201811_060_9105
ペルトン水車
 
 
201811_070_9108
立て型削り盤
 
昭和20年代初期に外国から購入した工作機械で、
NC装置を付加改造されているそうだ
 
 
201811_080_9110
平削り盤
 
昭和初期(1930年代)の米国製ベルト掛け工作機械
 
 
201811_100_9117
治具ボーラー
 
昭和初期(1930年代)スイスのSIS社が高精度穴あけ加工機として
製造されたもので、当時としては世界一級品の最新工作機械で、
機械系学科の教育・研究用として活躍したそうだ
 
他にも旧工作機械はあったが、
興味ない方には興味ないだろうから他は省略ということで
 
 
201811_110_9121
旧工作機械類はこのような感じに
屋外展示されていたが、
ゆっくりと興味深く見る事が出来たし 
工作機械の歴史も感じられて良かった
 
 
 
201811_120_9123
 
 
201811_130_9096
 
 
201811_140_9127
向こうの方が、工大祭のメイン会場だが
模擬店は約60店もあり(学生達の活気があって)
見て周るのも楽しかった
唯、工業大学だからか約九割が男子生徒のようで、
華やかさはないようには思えたが・・(笑)
 
 
201811_150_9132
生協前の中庭が休憩スペースとなっていたので
模擬店で買って一人ランチタイムにしたけど(笑)
 
各教育研究棟では各種学科展が開催されていたので
行ってみたが、興味深いテーマの解説も聞く事ができた
 
子供達の一番人気は、「ものづくり」のようで、
会場部屋は大混雑していたが、
「七宝焼きを作ろう!」とか
「鋳物でものを作ろう!」(型を作ってホワイトメタルを流し込んで鋳物を作る)
銅版に名前を書いてメッキで仕上げる・・・などなど
ジュニアサイエンスのような感じだった
 
撮影は遠慮したので、こちらで→→ 工大祭を開催しました
 
 
201811_160_9143
モミジバフウ(アメリカフウ)の紅葉がキレイだったし・・
 
 
201811_170_9155
西南門へと続く銀杏並木の黄葉もキレイだった
10時~14時頃まで工大祭会場に滞在したが
 
  
九工大を後にして・・
次は、西日本工業倶楽部会館も見てみたいと思っていたので、
 
 
201811_190_9160
明治学園の前を歩き・・
 
昔、友人が「息子を明治学園中学に入れた・・」と自慢していた事を
思い出したが、その彼と息子さんは今どうしているだろうか?
と思いながら眺めたけど・・
 
 
201811_200_9162_2
(国指定重要文化財 旧松本邸)
西日本工業倶楽部会館
は補強改装工事中で
見る事が出来なくて残念だった
 
夜宮公園も散策したので、
この日に歩いた歩数は約17000歩だった

|

« のど飴と甘酒とカレー | トップページ | ブロッコリーの収穫 »

お出掛け」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

九工大はまだ行ったことがなく 松本邸はTVで ^^
奇遇ですが九工大出身の甥が今度結婚することになり
先日知らせを受けたばかりでした
今は愛知のデンソーに居ますが お相手も同会社の人だそうで
そこまで行くのか~ とお目出たいけれど ちょっとおっくうなのも
事実です  
今回 大学の雰囲気を見せてもらって へ~ とか言ってます ^^
機械は分からないな~ 

松本邸は妹の友人が結婚式を挙げて 高い清水焼の菓子鉢を
貰ってきていました  美味しい料理だったらしいです
そも菓子鉢 妹は値打ちを知らず嫌いだからと 私が貰いました ^^
いいな~ と思って使っていますが
後でお値段を聞いたらしく 口惜しいと言ってましたが
返せとは言いませんでした ^^
好みの問題でしょうね ^^

ルリさんはやはりいなかった ^^

投稿: さくら | 2018年12月 3日 (月) 09時47分

こんばんは(≧▽≦)

九工大‼
男子学生の聖地(男子にとっては違うのかも(笑))のイメージです。
活気ありで華やかさ無し、というのに笑っちゃいました(・´з`・)

旧工作機械類
カッコイイですね~。
力強くて「日本の工業の黎明」を感じさせますね。

17000歩、すごい(゚д゚)!
ワタシなんて170歩くらいかも・・・いや、1700歩は歩いたのかな?


投稿: コスモス | 2018年12月 3日 (月) 20時00分

さくらさん

九工大卒→デンソーとは優秀な方ですねー
ご結婚されるそうで、おめでとうございます
愛知だと遠くなりますが旅行もプラスされて
ご出席されてはいかがでしょうか?

九工大キャンパスは、
松の木やモミジバフウや銀杏並木なんかの木々に囲まれ、
学びやすい環境に思えました
歴史と伝統が感じられるいい国立大学ですね

>松本邸は妹の友人が結婚式を挙げて・・・
そうでしたか! 
きっと旧松本邸だと素敵な結婚式になったでしょうね

>ルリさんはやはりいなかった
そうなんです、
こういう系は興味ないようなので別行動で(笑)

投稿: チョコミント | 2018年12月 4日 (火) 07時07分

コスモスさん

>活気ありで華やかさ無し、というのに笑っちゃいました
そこでしたか(笑)
模擬店の前を歩くだけで「ホッドッグいかがですかー」
「ヤキソバいかがですかー」・・・と、男の声が響くし
模擬店のディスプレイもシンプル過ぎるぐらいシンプルなので
女子大の大学祭の華やかさとは随分と雰囲気違いますねー
女子大生が沢山いるだけで華がありますからねー

旧工作機械類を見ると、
シンプルな構造で力強く動かしていた事が解るが
工業発展の歴史が見えるように思いました

>1700歩は歩いたのかな?
えっ!そんなに少なくはないと思いますよ
一日ガーデニングをするだけでも5000歩ぐらいには
なると思いますよー

投稿: チョコミント | 2018年12月 4日 (火) 07時08分

なんの機械かはおぼろげにしかわからないものの、黒くて機能的でかっちょいいです。
私が以前勤務した姫路工業大学も、工大祭というのを今の季節にやっています。
生命科学や情報科学分野もあるので女子の比率はもう少し高くて、さほどむさくるしい感じはなかったかな。
たくさん歩きましたね。私の農作業はしゃがんでばかりなので、1日平均300歩くらいかも(笑)

投稿: 海月 | 2018年12月 4日 (火) 13時53分

海月さん

コンプレッサー、ポンプ、シェーパー・・と説明した方が
分かりやすいかも知れませんが(工作機械類の使用経験がある
方だったら)現物を見ると興味深く見れるような気がします

海月さんは元県庁職員として勤務されていらっしゃったと思って
いたのですが、大学勤務もされていたのですね
何だか羨ましい職歴に思えますよ

>女子の比率はもう少し高くて、さほどむさくるしい感じはなかったかな。
あはは(笑) 若い女性がいるだけで もう明るい雰囲気になるのは
常に笑い声があるからかなー

>1日平均300歩くらいかも
いえいえ、そんなには少なくないと思いますよ(笑)
ルリが家事だけした日は約3000歩で
家事とガーデニングをした日は
約5000歩と言っていたし・・

投稿: チョコミント | 2018年12月 5日 (水) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のど飴と甘酒とカレー | トップページ | ブロッコリーの収穫 »