« マメアサガオとホシアサガオ | トップページ | リコリスとアズレアセージ »

2018年9月29日 (土)

Aquascutumのペン

201809_05285
月刊誌 Mono Master(モノマスター)11月号(創刊号)の付録に
ペンとノートが付いているので、付録欲しさに買ってみた
 自分は付録を欲しがるタイプなので(笑)
 
 
201809_05287
付録のペンとノートはこんな感じだった
 
 
 
201809_05288
Aquascutum(アクアスキュータム)は英国のブランドでトレンチコートが
有名ぐらいしか知らない自分だが・・
なぜアクアスキュータムのペン?と思ってしまった
 
ブランド品には殆ど興味ない自分なので、
書籍の内容は拾い読みするぐらいだったので、
980円でペンを買ったような感じになるのかな?
 
 
201809_05308
で、折込広告の裏紙に
新聞の(活字)印刷文を参考にしながら
少し書いてみた
最近は手書き文字を書く機会が
非常に少なくなったせいか?
思ったようには書けない
でも、
ペン自体は思った以上に書きやすく感じたし、
カートリッジもモンブラン用の物が利用できるので
時々使ってみようかなーと思う
   Illust67_thumb
BE-PAL 9月号付録に、
ミニシェラカップがついていたので
これも付録欲しさに買ってしまったけど(笑)

|

« マメアサガオとホシアサガオ | トップページ | リコリスとアズレアセージ »

絵を描いてみた」カテゴリの記事

コメント

付録付き雑誌、たまに買います。猫柄のバッグとか(笑)
万年筆が980円はお得だと思います。
そしてチョコミントさん、達筆!
私は小学生みたいな字しか書けないので、うらやましいです。

投稿: 海月 | 2018年9月30日 (日) 13時27分

私も付録大好きです(^▽^笑)。最近は雑誌にとっても素敵な付録がついているんですね。おっしゃる通り雑誌の中身より付録目当てで購入される人も多いかも知れませんね。豪華に見える万年筆で980円は安い!私もあんまり字は書かないけどこういう万年筆あれば欲しいですよ(^O^)

投稿: edybody | 2018年9月30日 (日) 13時53分

海月さん

女性誌で、付録にバッグがついているのをよく見かけるが
結構良い付録みたいなので付録目当ての人も多いように思えますね(笑)

このペンを実際に手にして見ると、
適度な重量感もあって意外と書きやすく感じました
自分の手書き文字はまだ固まっていないと言うか・・
意識的に固まらせないようにしているんですよ(自称 進化系文字?)
なので他人の字を見ると、簡単に影響されるんです!
例えば、丸文字を見ると丸文字も書いたりするんですよ(笑)

女性は細くて優しく整った字を書くのが
上手だと思いますが、(基本)やはり女性には敵わないと思っていますよ
習字でも書道でも圧倒的に女性の方が多いですからねー

投稿: チョコミント | 2018年10月 1日 (月) 06時18分

edybodyさん

欲しい付録がついていると、
付録欲しさについつい買っちゃうんですよね(笑)

今の時代はメールやLINEなので、
手書きの手紙なんかを書く人は激減しているとは思えるが、
でも手書き文字はその人の個性なんかが感じられて
いいような気もしますよねー・・

投稿: チョコミント | 2018年10月 1日 (月) 06時19分

この本¥980で付録も素敵ですし良いですね
最近の本は色んな付録が付いて楽しいですよね

CMさんは書道もポップもされていましたが
折込広告の裏紙に遊びで書かれるとはね。
書く事が好きなのでしょうか
流石この字とても魅力的です 
上から目線のコメントになってゴメンナサイ

投稿: クミン | 2018年10月 2日 (火) 20時02分

クミンさん

最近の雑誌は、色んな付録がつくようになってきて
付録目当てに思わず買ってしまったりするんですよねー(笑)

新聞の折り込み広告の殆どが両面印刷されているが、
時々裏面が印刷されていないものがあるので
それを見ると書きたくなるですよねー(貧乏性かも(笑))

若い頃から自分が書く手書き文字を
全く褒められた事がなくて、悔しい思い&コンプレックスを持ち続けていて
それで習字・書道・レタリング・POPなどを色々やったせいか?
それで変化球の多い字(自称 進化系文字?)を書くように
なった気がするんですよ!

習字の先生から(お世辞と解っていても)
褒められると嬉しいですよ!
ありがとうございます

投稿: チョコミント | 2018年10月 3日 (水) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マメアサガオとホシアサガオ | トップページ | リコリスとアズレアセージ »