2017年7月22日 (土)

オニユリやホトトギス咲き、茗荷も採れた!

201707_p0017_
クマゼミはトネリコが好きなのか?
数匹とまって五月蠅く合唱している。

 
 
201707_p0023_
 
201707_p0022_
数日前頃からオニユリが咲き始めたが、
 
 
201707_p0011_
今日はもっと咲いている。
 
 
201707_p0013_
少し離れた場所のオニユリも咲いた。
 
 
201707_p0028_
裏庭にホトトギスを数種類植えているのだが、
青竜ホトトギスの勢いがあまりにも強すぎる。catface
 
 
201707_p0027_
 
201707_p0025_
青竜ホトトギスばかりが咲き始めているが、
黄花ホトトギスなんかが消えちゃいそうなので
なんとかせねばな~と思っている。
 
 
201707_p0015_
 
 
201707_p0031_
日照り続きの毎日で、
(水遣りが十分できていないようで)
ミョウガの葉先も枯れはじめてしまっている。
 
 
201707_9531
ミョウガの花が少しだけ採れた。
 
 
201707_p0024_
自生えのカボチャだろうと思い、そのままにしておいたのだが・・・
冬瓜のようだ! 
折角なので1個ぐらいは生らせようと思う。
(それ以上は摘み取ってしまうつもり)
 
 
201707_p0019_
トマトが毎回こんなにも収穫できているが、
こんなにも採れた年は初めてかも。
 
 
201707_p0016_
キッチンで追熟させている中玉とミニ
 
 
201707_p0017__2
大玉も少しだけ採れるので追熟させているが、
食べきれない分は、
適度な大きさに切ってからジップロックに摘めて冷凍保存したり、
(一旦凍らせてから)鍋で煮てトマトペーストにした後に
ジップロックに入れて冷凍保存するようにしている。
 
 冷蔵庫は2台使用しているが、
 トマト、キュウリ、ゴーヤなどの夏野菜で一杯になって嬉しいけど・・coldsweats01
 

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

アルコールストーブの製作

201707_210_9460
完成したアルコールストーブ
 
Youtubeを見て、キャンプ用のアルコールストーブを
作ってみたいと思ったのだが・・

空き缶を利用してさまざまな作り方をされているようだ。
一体どういう風に作れば良いか迷ってしまうが、
とりあえずこんな感じに作ってみた。
 
↓完成までの工程をスライドショーにしてみた。
 
 

少々納得できていない点もあるので、

後日、改良版のアルコールストーブを
作ってみようとは思っているのだが・・think
 
       Cm_diy01

| | コメント (8)

2017年7月17日 (月)

ビルベリー

201707_9515
鉢植えで育てているビルベリーが熟れたので、
2~3粒 摘んで食べてみた。
ブルーベリー似た味で甘いが、
何しろシャシャンボの実ぐらいの大きさだし、(マッチの頭ぐらいの大きさ)

鉢植えで、しかも木もまだ小さいから少ししか生っていないから
味見程度にしかならないけど・・(笑)
 
<参考>
ビルベリーはブルーベリーの原種で、
一本でも実をつける。
ビルベリーにも色んな種類があるそうだ。
 
 
201707_9518
3月に種蒔きした五寸人参を、先日から時々抜いて利用しているが、
ちょっと使うのに便利だ。
 
 
201707_9508
ゴーヤもやっと生長して、
 
 
201707_9462
少しずつ採れるようになってきた。
毎年の事だが夏の朝食には、
オレンジジュースと氷とゴーヤを一緒にミキシングして
ゴーヤジュースにして飲むことになりそう!
 
 
201707_9464
今年は特にキュウリ(四葉)の元気が良くて、
毎日、毎日沢山採れているので冷蔵庫のストックも沢山に!
 キュウリ消費を頑張らねば!(笑)coldsweats01
 
 
201707_9501
 
201707_9500
中玉トマトとミニトマトが沢山生るようになったので、
トマトがタップリ食べられる。
 
 
201707_9505
大玉トマトも混植しているので、
時々大玉トマトも収穫できている。
 
 
201707_9504
この株は元気がなくなったが、
左側にも右側にも沢山生った状態のままなので
役目を終えたのかも知れないな~
 
 
201707_9512
2本植えている落花生だが、株間を十分取っていたつもりなのに
一株のように見えるように広がった。
 
2本でどの程度の落花生が収穫できるのか?
今から楽しみにしているんだけど(笑)coldsweats01
 

| | コメント (10)

2017年7月15日 (土)

わんぱくサンドを作ってみた

201707_p0004_
わんぱくサンド を作ってみたいと思い、
 「今日の昼は、わんぱくサンドを作ろうかな~」とCMが言うと、

「私は嫌いなのよね~!食べづらそうなので・・」
とルリに言われてしまった。
「だったら、作っても食べない?」
「作ってくれたら食べるわよ・・」
「・・・ 一度も作った事がないので、一回だけ作らせてよ!」
という事で、半分強引に作ってしまった coldsweats01
わんぱくサンド
かなりの量の野菜を挟んだので、
食べごたえのあるサンドで
結構美味しく感じたんだけどな~coldsweats01
 
  どんな萌え断になるのか、
  ちょっとだけワクワクしながら作るので、
  作るのも結構楽しいんだけどな~coldsweats01
 
 今回使用した材料は、
 レタス、キュウリ、ニンジン、トマト、シーチキン、卵、紫タマネギ
 
<参考> インスタグラム→→ わんぱくサンド
 
 
201707_p0020_
キュウリを挟んだホットサンド
 
ルリが「こちらのサンドは食べやすい」と言って喜んでいたので、
わんぱくサンドは、しばらく作れそうにないけど・・(笑)coldsweats01
 
 
201707_p0019_
パープルクィーンサワー
 
小梅のパープルクィーンという梅をサワーにしたものだが、
何も色づけしていないのに、ロゼワインのような色になった。
左のグラスが希釈する前の状態で、
右のグラスが水で希釈した状態
炭酸水で割っても美味しいが、飲むとただの梅サワーcoldsweats01
 
201707_p0010_
もずくめん
麺にもずくを混ぜ込んだものらしいが、
 
 
201707_p0011_
見た感じは蕎麦のようにも見えるが、
もずくの色のようで!
 
 
201707_p0014_
10分以上茹でる必要があったが、
食べると、つるっとした感じと もちもち感が混じったような
味わった事がないような食感だった。
また食べたいか?と訊かれたら、
CMは、「好きでも嫌いでもないので、
食べても食べなくても、どちらでも構わないかな~」
ルリは、「また見かけたら買いたい」と言っていた。
 
 
201707_p0009_
肉巻キュウリ
 
キュウリを豚肉で巻いて焼いたものだが、
(写真の後ろ側はアスパラのベーコン巻だが、これに似た感じ)
意外と美味しかった!happy01
 
(肉巻キュウリは、夜ご飯用にCMがリクエストして
ルリが作ってくれたもの)

| | コメント (6)

2017年7月14日 (金)

ルリタマアザミが咲いた

201707_p0002_
ルリタマアザミがやっと咲いたが、
期待していたほどではなくて、ちょっと残念

  でも初めて咲いてくれたのは嬉しいけど・・
 
 
201707_p0004_
アップで見るとこんな感じ!
弱アルカリ性の土を好むようだし、
鉢植えの場合は毎年植え替える必要があるみたいなので、
来春頃には地植えにしようかと思っている。
 
201707_p0005_
先日、ヨドガワツヅジが枯れたので、チェーンソーで根元から剪定したのだが、
朽ちやすいようにと思い、
格子状にチェーンソーで切り込みを入れた後、
土を盛ってセダムを少し植え付けておいた。
 
今はもう、
こんなにセダムが広がって
根元を覆い始めてくれているのには驚かされる。happy01
 
 
 
201707_p0007_
ヨドガワツツジからセダムへと命のリレーかな~coldsweats01
 

| | コメント (6)

2017年7月13日 (木)

スプラウト栽培 2

201707_050_9414
5日目
もう少し・・・
 
 
201707_060_9442
6日目
 
201707_070_9453
7日目
6㎝ぐらい伸びたので、明日から日光浴?させようと思う。
 
 
201707_080_9456
8日目
陽射しにあたって緑っぽくなりはじめた。
 
  朝、陽が当たるように屋外に放置したままにして置いたが、
  夕方 家に戻ったら(金属容器なので)水がお湯に変わっていて、
  枯れる寸前状態(半茹で状態)までなってしまっていて、
  慌てて水替えをした。coldsweats01
 
 
201707_090_9470
9日目
(8日目の反省から)直射日光の当たらない軒先に置いていたら、
夕方にはこんなに緑が濃くなった!
 
種蒔きしてから9日目でスプラウトの完成!happy01
 
 
201707_090_9476
そうそう、ステンメッシュの錆発生確認をすると、
全然大丈夫のようだ!happy01
 
 
スプラウト栽培するのに
ステンメッシュをあれこれ試してみるような面倒な事をしなくても、
市販のスプラウトファームを買った方が
簡単だし お洒落かも!(笑)coldsweats01
 

| | コメント (2)

2017年7月11日 (火)

スプラウト栽培 1

201707_000_9366
昨年の「アミ皿スプラウト栽培」で錆が発生したので、
今回は錆に強いステンのSUS304を使用してみようと思い、
東急ハンズから「Eggs ステン金網40メッシュ」を買って帰った。
しかし、
100mm×200mmサイズなので、加工すると更に小さくなってしまうな~
と思いつつそのまま放置してしまった。
 
百均に行った時に、たまたま見かけた「ステン粉ふるい」の
表面質感がSUS304のように見えた。
でも、百均で304はほぼ無いだろう!と思いつつ念の為、
”強力磁石のついている別の商品”を近づけてみると、
ステンメッシュもステン枠も全く 磁石が付かない!
加工時に部分的に出来る磁性もないようだし・・
 <参考>
  強い力で加工すると、部分的にマルテンサイト組織に変わる為に、
  磁石がつくようになる
という事は、
材質がオーステナイト系のステンが濃厚になると思い、
さっそく買って帰った。
  (ステンの165mm径の粉ふるいとしては安すぎだろう!(驚))
 
スプラウト栽培専用容器として使っているステン鍋に入れてみると、
金具が邪魔で入らない。catface
 
 
201707_000_9367
金具をペンチで取り外すと、
165mm径の「ステン粉ふるい」がぴったり入った。happy01
 でも、ぴったり過ぎて、出し入れが難しいけど・・coldsweats01
 
 
201707_000_9370
蓋を被せても丁度いい感じなので、
テスト的にスプラウト栽培をしてみようと思った!
(錆の発生具合の確認を兼ねたスプラウト栽培)
 
 
 
201707_000_9372
スプラウト種を蒔き・・
 
 
201707_000_9377
水をたっぷり注いで、
 
 
201707_000_9380
蓋をしめて、スプラウト栽培のスタート
 
 
201707_020_9386
2日目(翌々日)には発芽が始まった。
 
 
201707_030_9389
3日目になると、発芽も出揃った
 
 
201707_040_9394
4日目になると、だいぶ伸びてきた。
 
 
201707_042_9392
裏側を見ると、もうこんなに根が張っている。
まだメッシュにも全く錆は発生していないようだ。
 
 
 

| | コメント (4)

2017年7月10日 (月)

レザークラフト 焼印彫り 2

201706_140_9351
取手を付ける為に、ドリルで穴を空けた。

  
 
201706_150_9353
取手を取り付けるのは、焼印側にタップでメネジを切り、
長ネジで取り付けるのが適当だと思うが、
タップのM4が折れて使えないから
長めのステンコーススレッドを使用することにした。
 
取手にステンコーススレッドをねじ込んでから
「喰切」で加工した後、叩き込めばOKの筈!
(↓のような感じに「クリッパー」でステンコーススレッドの頭をカットし、グラインダーでバリ取り)
 
 
201706_160_9423
 
 
201706_170_9396
取手部分をペイント
 
 
201706_180_9421
焼印の完成
 
 
201706_190_9440
早速、バーナーで熱して押印してみることにした。
 
 
201706_200_9358_2
バーナーの熱し加減で印影が変わるので、
数回 試し押しをしてみたが
こんな感じの焼印になった。coldsweats01
 
自分では納得できていない仕上がりに思えるが・・
デザイン段階で、英手書き文字をもう少し
削り加工がしやすいような形状に描いておけば
良かったと後悔&反省している。
 
でも、(少々の崩れ感があってcoldsweats01)手作り感もあるように思えるし
こんなもんかな~と思うようにしている。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

菜園と大雨

201706_9325
菜園では、
6月末頃には大玉トマトなども収穫出来るようになり

  
 
201707_p0002_
特にトマトの収穫を喜んでいた!
 
 
201706_9327
 
201707_p0005_
キュウリ(四葉)も毎日4~5本収穫できるし、
ピーマン、シシトウ、オクラなども少しずつだけど
採れるようになってきた。
 
 
201706_9335
シシトウ(甘とう美人)
 
 
201706_9328_2
オクラ
かなり生長が遅れているけど・・
 
 
201707_9329
落花生
 
 
201707_9332
花が咲き、子房柄が土に潜り始めたようなので、
株元を少し耕して、一回目の追肥と土寄せをすませた。
 
 
201706_9321
(ミニ)パントリーで保管していたサトイモに芽が伸び始めていたので、
ルリが菜園の端に植えていたそうで、
気が付けば、もうこんな感じに育っている。
 
 
201706_9323
ナスもそこそこ順調のようだ。
 
 
201706_9336
ミョウガ
 
 
201706_9337
芯(新葉)を引っ張ると抜けるので、
少し抜いて食べてみることに!
(生で齧ると、ミョウガの花と同じような香りがする)
刻んで、他の野菜と一緒に かき揚げにして食べたら、
ほんのりとミョウガの香りがして美味しかった。
 
 
20170708_9404
台風3号が去った翌日から、
九州北部(朝倉市、日田市、東峰村、久留米市、添田町など)
が記録的豪雨で大被害に遭ったが、
(CMが住んでる)福岡県北部も連日大雨が
降ったりやんだりを繰り返し、
やっと、やっと今日(8日)晴れたが・・
 
菜園のトマトは連日雨に打たれて割れが酷いし、
他の野菜たちも少なからず ぐったりした感じになっている。bearing
 
 
20170708_9405
大雨で排水が間に合わなかったようで、
畝の土が流れて畝床が埋まってしまい、
平坦な感じになってしまった。
 
 
20170708_9406
 
 
20170708_9407
畝床を鍬で削って排水をよくしてやろうと思うものの、
蒸し暑くてやる気がでないcoldsweats01
 
 
20170708_9411
雨が降り続くので、ルリタマアザミは軒下に移動させておいたが、
ほんのりと青くなってきたようだ。
早く もっと青くならないものか?
 

| | コメント (4)

2017年7月 7日 (金)

レザークラフト 焼印彫り 1

201706_9305
レザークラフトで作品を作った後、
焼印を押すと雰囲気が変わるだろうな~といつも思っていたが、
焼印をオーダーすると結構な値段するので
自分で彫ってみようと思い、
東急ハンズ博多店から真鍮丸棒(黄銅)を買ってきた。
(百数十円だったと思う)

  <参考>
 ・プレゼント用のキーケースを作った時→→ レザークラフト (キーケース 2)
 ・初めてレザークラフトをした時→→ 初めてのレザークラフト 2
 ・車のキーケースを作って時→→ レザークラフトでキーケース
 
 
201706_9306
20φのブスバー(Bs bar) 
  エンジニア間では黄銅棒の事をブスバーと呼ぶが、
  女性がいる時にブスバー ブスバーと言うと
  勘違いされて嫌われるので注意が必要だけど(笑)coldsweats01
 
  CMが新人の頃、先輩からブスバーの言い方を
  周りに女性がいる場合は

  ブスバーと、ブスを強く発音するように!と冗談交じりに
  教えてもらいつつ からかわれた事を思い出すけど!(笑)
 
 
201706_9309
焼印のデザインを考えて、フリーハンドでデザイン図を描き、
反転トレースして(左側)印稿を描いた。
(このへんの作業は篆刻と同じなので慣れちゃってるけど)
 
 
201706_9312
印稿を貼りつけて・・・
 
 
201706_9315
デザインナイフで慎重にトレース
 
 
201706_9317
ケガキできた!
 
 
201706_9318
彫る時に分かりやすいように油性マジックを塗った。
 
 
201706_9338
丸棒なので固定しやすいように
木材で治具を作ってバイスで固定し、
ルーターにルータービットを取り付けて
少しずつ彫っていく!
 
  ルータービットは径が小さいので、回転数を上げる必要があるが
  ルーターを23000回転ぐらいすると彫りやすかった。
  当然、微細切屑が飛び散るので、マスクと保護メガネは必要!
 
 
201706_9342
彫る部分に合わせ、ルータービットを交換しつつ
ひたすら彫る
 
 
201706_9344
またビットを変えて慎重に掘り進める
 
 
201706_9346
スタンプ台で構わないが、
CMは篆刻する関係で印泥で慣れているので、
印泥使って押印して確認してみると微修正する部分が沢山
 
 
201706_9345
ビットを交換して微調整部分を彫っては試し押しをして、
また微調整を繰り返すと・・・
なんとかイメージに近い感じに彫りあがった。
 
  次は、取っ手をつけて焼印の試し押しへと つづく・・・
 

| | コメント (6)

«カンパーニュ サンド